節約と健康の両立で明るい将来設計を

生活の知恵というのは雑誌やテレビでも紹介されて出し尽くされた感があります。
一日10円を節約するような切りつめは精神的にも厳しいものがありますが、続けていくと違いは出てくるものです。
しかし、我慢をしているという気分では続かないものがあるでしょう。
それなら気持ちを切り替えて考え方を変えてみるとうまくいくこともあります。
例えば食費を減らしたい場合、空腹感とストレスとたたかうことになりますが、ここで違った考え方を持つといいのです。
食事制限をすることでダイエット効果がありますが、生活習慣病などの体の不調が直ることがあります。
これは単に栄養のとりすぎや食べ過ぎからくるものなので、軽く制限をしたり一食抜いたりすることで胃腸の働きが良くなり健康にいいのです。
普段から胃もたれや不快感を感じているなら試してみる価値のあることです。
丸一日何も食べないでいるとさすがに健康上は問題がありますが、それでなぜか体がスッキリと軽くなるような感触があります。
水分やサプリメントなどの栄養は摂取するとして、食事を減らしていくことでの効果はむしろ好循環となって表れるでしょう。
そして、食費が抑えられます。
節制しているという気分はストレス源になりがちですが、体にいいことをしていると考えることで精神的にもリラックスできるでしょう。
プチ断食や絶食などというと少しおおげさですが、食べ過ぎや体重に不満を感じているときに行ってみると効果が発揮されます。
これは飽食の現代では勧められるべきことです。
慢性的な食べ過ぎは中年以降になって体に降りかかってきます。これを改善するチャンスであり出費も抑えられるのです。
無理のない程度で試してみると効果を実感できる健康・生活の知恵といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>